教育

自分を客観的に観察できると、人生うまくいく

予備校講師として
そして家庭教師として
生徒を担当していると、
ある一定の傾向が見られます。
それは

「自分で自分のことをつかんでいる生徒は伸びやすい」

ということです。
(これはコーチングのクライアントさんでも
 同じことが言えます)

どういうことかというと、

自分が今どんな状態なのかをつかんでいる、
いわば「メタ認知」ができている、

ということです。
自分がどんな状態かを客観的に見ることができれば、
次に何をすべきかは自然と見えてきます。

自分の状態を主観的にしか見られない人は、
トンチンカンな判断をして
トンチンカンな行動をします。

「私、英語が苦手なんです」
という生徒は、主観的になっていることが多いです。
「私、英単語を覚えるのは得意なんですが文法は苦手なんです。
理屈とかよくわかりません」
と言える生徒は、客観的に自分を観察できています。

この生徒はが次にすべきことは、

①文法も単語同様に暗記としてやり抜く
②理屈を優しく楽しく丁寧に教えてくれるように先生にお願いするorそういう先生を探す

のどちらかです。(他にもあるかもしれません)
でも、
「英語が苦手なんです」
は英語の何が苦手なのか、実際本人も
分かっていないケースが多いです。

また、実際に問題を解かせても、
間違った問題だけにフォーカスして
「ほら、私できないでしょ」
と言わんばかりにできないことを
ことさらに強調します(笑)

感情は湧いてくるものなので、
それはそれで受け止めて、
判断を下すときには感情を一旦脇に置いといて、
客観的な視点で判断します。

僕は、コーチングによってより自分の
メタ認知能力が上がったと実感しています。
徹底的に自分の観察をするからです。
そうすると生徒やコーチングのクライアントさんの
状態を客観的に見ることができますし、
生徒やクライアントさんが自分のことを
客観的に観察するよう促すことができます。

一つのキーポイントは、
「自分を客観的に見る」
ことです。

じゃあ、どうやったらメタ認知能力を
上げることができるのか?
これには、自分のしていることを
自分で実況中継するのが効果的です。

これについては明日のブログで書きますね!

関連記事

  1. 教育

    「量と質、どちらが大事か」の結論

    9月後半は、ライティングについて学んだ日々でした。天狼院書店という、…

  2. 教育

    スピーチライターという仕事

    実は、初めてやりました。「スピーチライター」という仕事を。自分のスピ…

  3. 教育

    自己肯定感を学ぶ

    昨日は大阪まで、自己肯定感についての講座に参加してきました。事前に「…

  4. 教育

    人は何回言えばわかるのか、その正解は…

    今日は家庭教師に行ってきました。集団授業は今月はほぼなくなりましたが…

  5. 天職発見

    天職と自己紹介

    昨日、「天職と自己紹介」のZoom勉強会を開催しました!◯天…

  6. 教育

    自分の才能は、他人が見つけてくれる

    「小川さんは、朝が似合いますよ!」こう言われたことがきっかけ…

  1. 徒然日記

    心の声に、耳を傾ける
  2. 教育

    読書をするなら、自分を追い込みなさい
  3. 教育

    大人になってからの挑戦
  4. 教育

    一番長い英単語とおぼえ方
  5. 教育

    人は自分の視点でモノを語ることを知るべし
PAGE TOP