1. 教育

    ビリギャルからのバトン

    白状します。正直に言います。こんなに、愛と希望に満ちた本だったとは。ビリギャルに、これほどのエピソードがあったとは。「キラッキラの君になるために ~ビリギャル真実の物語~」著:小林さやか (マガジンハウス)僕はいわゆる「ビリギャル」が大好きです。※正式名称↓「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」著:坪田信貴 (KADOKAWA)まだ読んでない方は…

  2. コーチング

    小川のテーマフリー個人セッション

    今月末、急遽東京に行くことになりました。あまり関東の人とはお会いできず、しかも「東京でも◯◯やってくださいよー」というご希望をたくさんもらいます。でもなかなか…

  3. 教育

    一人か二人か、その違いは大きい

    今、小川は個人事業主として活動しています。以前は会社員(予備校)として働いていたので、会社を辞めて独立した、という形になります。最近お会いする方に「会…

  4. 教育

    無理かどうか、僕には判断できない

    教育には、謙虚さと愛が必要だと思う。ビリギャル著者の坪田信貴さんは、その謙虚さと愛を持ち合わせた人。受験のプロが、「この生徒が合格するかどうか、わから…

  5. 徒然日記

    緊急のときほど、本性が現れる

    今、世界では〇〇ウィルスの関係で大変なことになっています。まだ自分には被害は及んでいませんが、気になるのは「買い占め」です。この買い占めが批判の対象に…

  6. 教育

    過剰一般化は自分を苦しめる

    「わたしなんて、全然ダメです」聞いていて、悲しくなる言葉です。予備校で教えていて、生徒からよく耳にする言葉です。大人と接していても、この言葉を発する人…

  7. 徒然日記

    〇〇に注力せよ

    世間が騒がしい昨今ですが、冷静な人は粛々とすべきことをしています。心穏やかでない人は、焦った行動をしてしまいます。冷静な人と心穏やかでない人の違いは明…

  8. 教育

    リピートされる人、されない人の違い

    「相手が欲しがっているもの、わかってますか」コミュニケーションでも商品でもサービスでも必ず「発信する」「提供する」「与える」側と「受け取る」側…

  9. 徒然日記

    散歩をして、たどり着いたのは

    やれ自粛だ、やれ外出禁止だ、なんなら無理ない程度に備蓄をしろ、と世の中が今とても騒々しい。ただ、守るべきものもあるので余計なリスクは避けるようにしている。…

  10. 教育

    自己肯定感を学ぶ

    昨日は大阪まで、自己肯定感についての講座に参加してきました。事前に「自己肯定感の教科書」を購入して読了し、その著者である中島輝先生の講座に参加…

  11. 徒然日記

    意外と、人がたくさんいました

    昨日は妻と義母と三人で、奈良の天河大弁財天社に行ってきました。義母は写っていません!定期的に天河村のごろごろ水を取りにいってます。この水が美味…

  12. 教育

    英語を話すのか、英語で話すのか

    よく日本人は英語が話せないと言われます。英語教育に携わっている身としてはこう言われると心苦しいものがあります。僕が考える英語が話せない原因は2つ。一つ…

最近のコメント

    1. 教育

      自分のことは自分が一番よくわかる、は本当か
    2. 徒然日記

      成功法則のウソ
    3. 教育

      練習は本番のように、本番は練習のように
    4. 徒然日記

      自分をご機嫌にする方法
    5. 教育

      サブスクリプションと大学受験
    PAGE TOP