教育

で、結局何番が一番正答率高いの?

さぁ、いよいよあと少しでセンター試験です!

予備校講師・塾講師・個別指導講師をやっている
身としては、なかなかに気合の入る期間です。
「センター試験」という名前では、最後の試験なので
余計に力が入ります。

さてさて、普段は英語を教えているのですが、
ちょっと本質からは外れた分析をしました。
何の分析かというと、

「何番が一番正答率が高いのか?」

です。

試験では残り時間が足りなかったり、
どうしても1つに絞れない時が来ることもあります。
そのときの、最後の頼みの綱として、
一つ受験生の皆さんに提供できるデータ分析ができました!

過去20年分のセンター試験の英語(筆記・本試験のみ)の
正答番号を分析しました。

すると、驚くべき分析結果が出ました!

ズバリ、過去20年間で一番正答率の高い番号は

です!

20年間で1045個マークをする箇所があり、
そのうち270個が②で正解になったのです。
率にすると25.8%です。
さらにわかったことに、直近の5年間ではなんと
273問中83問が②で正解になりました。
率にするとなんと30.4%!!
全マークのうち3割が②で正解なんですね。

ということで、受験生のみなさん、
どーーーーーーーーーしてもわからない問題があれば、
②にマークしておけば、ひょっとしたら正解するかも
しれません(絶対正解するとは言っていない)。

他にももう一つ分析をしてわかったことがあります。
これも含めて、YouTubeに動画をアップしたので、
見ていただけると嬉しいです☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

身近に受験生がいたら、ぜひシェアしてあげてください!

納得が必要な場合と不要な場合がある前のページ

練習は本番のように、本番は練習のように次のページ

関連記事

  1. 教育

    同じ授業同じ教材なのに合否が分かれる理由は?

    ☆一を聞いて十を知る子どもの育て方 コラボ講座 ~抽象具体の捉え方~☆…

  2. 教育

    意図してコミュニケーションを増やす

    昨日の夜は2週間ぶりのZoom飲み会でした♪こういう自粛ムードのとき…

  3. 教育

    自分を客観的に見る方法

    昨日のブログ「自分を客観的に観察できると、人生うまくいく」http…

  4. 教育

    当たり前のことをする。そして正しく恐れる。

    今日の坪田信貴さんのブログがとてもよかったので、シェアしますね。h…

  5. 教育

    読書をするなら、自分を追い込みなさい

    「明日のライブ配信では、坪田信貴さんの著書『才能の正体』のレビューを…

  6. 教育

    分析→仮説→検証→原理

    皆さん、科学してますか?突然何を言う、と驚くかもしれませんが…

  1. コーチング

    人間はみんな多重人格者?!
  2. 教育

    なぜ東大出身者は教師にならないのか その2
  3. 教育

    人は自分の視点でモノを語ることを知るべし
  4. 徒然日記

    やってしまった…ま、いいか
  5. 徒然日記

    神戸新聞(紙)に掲載されました☆
PAGE TOP