徒然日記

頭がいい人の読書術

「頭がいい人の読書術
 1冊10分でインプットし、30分でアウトプットする技術」
著・尾藤克之さん(すばる舎)

とにかく本・読書への愛が詰まった一冊。

①読書は楽しむもの
②全部読まなくてもいい
③アウトプットしよう

まとめるとこの3点かな、と思います。

読了感としては、

「あ、読書って楽しいかも♪」

と思いました。

読み終わって

「さぁ、次はどの本を読もうかな。あ、あの本読みたいんだった!」

とワクワクさせてくれます。ちょっと不思議な感覚。
やっぱり読書って、いつの間にかハードルを上げられてるんだな、
と思いました。

「全部きっちり読まなきゃ」

と思って腰が重かったり、
読み始めたけど知らない単語が多くて挫折したりっていうことが
あると思いますが、

「読みたくない本は読まなくていい」
「本はあなたの好きなように読めばいい」

と断言してくれています。

読書に対するハードルをぐっと下げて、
楽しいものだという価値観へと変化させてくれる
とてもステキな本だと感じました♪

この本を読んで初めて、
本にペンを走らせました。
僕は本を綺麗に読みたいと思うほうなので、
今まで一度も書き込みをしたことがありませんでした。

でも、この本に書いている通り、
「一回くらい、書いてみようかな」
と思ってペンをとりました。

すると、自分の本を読む姿勢が変わりました。

「どこに線を引っ張ってやろうか」

というような気持ちで読んでいる自分に気づきました。

「自分がいいなと感じた部分、さぁ出てこい!」

みたいな(笑)

読書が能動的な行為に変わった瞬間を体験しました。
終わったあとは、なんだか楽しかった♪という感覚です。

読書を楽しいものに変えてくれる、超良書!!

関連記事

  1. 徒然日記

    本の読み方 〜著者に会う〜

    小川です。今日も1冊、本を読み終えました。波はあるんで…

  2. 徒然日記

    身体反応に意識を向ける

    1月24日(金)は、マツダミヒロさん主催「しつもんZENインストラク…

  3. 徒然日記

    心の声に、耳を傾ける

    英語の講師として教えている予備校の、年度末のある最終授業にて。…

  4. 徒然日記

    一番大切なことは何か?

    人は、年を取れば必ず死を迎えます。どんなに長生きしても120年ほどで…

  5. 徒然日記

    自分をご機嫌にする方法

    さっきまで機嫌よかったのに、ちょっとしたことを機嫌を損なう。…

  6. 徒然日記

    センター試験の日は

    なぜなんでしょう。本当に、なぜだろう。センター試験の時期には、…

  1. 教育

    過剰一般化は自分を苦しめる
  2. 徒然日記

    2019年の振り返り(写真付き)
  3. 教育

    オンラインとオフライン
  4. 徒然日記

    緊急のときほど、本性が現れる
  5. 徒然日記

    寝食を忘れるくらい夢中になれること
PAGE TOP