教育

一人か二人か、その違いは大きい

今、小川は個人事業主として活動しています。
以前は会社員(予備校)として働いていたので、
会社を辞めて独立した、という形になります。

最近お会いする方に
「会社辞めて一人でお仕事されてるんですね!
 すごいですね!」
とお褒めいただくことがあるんですが、
全然すごくないです。

会社を辞めた経緯や心境の変化については
いろいろあるのでここでは割愛します。
一つはっきり言えることは、僕は決して
「一人」ではない、ということです。

まず一番大きいのは、妻の支えです。
妻は会社員として働いていて、
給料をもらいながら家のこともやってくれます。
(もちろん小川も家事はしますよ!)
そして何より、独立に際して反対しなかった、
というのが一番大きかったです。

妻は独立にあたり多少の不安を感じてはいましたが、
結局それは会社にいてもそれほど変わりません。
会社もいつ潰れたりするかわかりません。
それならば、自分の力を本当に活かすことができて、
自分の心が本当に満たされる仕事をしたほうが
人生うまくいくに決まっています。

そして、独立の準備も一人でしていたわけではありません。
仕事のことを常に相談できるパートナーがいます。
コーチとも呼びます。
会社を辞めよう、と思った瞬間から頼りにしている
コーチがいます。
独立起業のこともたくさん教えてもらいましたし、
自分のメンタル面でのサポートもかなりしていただきました。
1ヶ月に2回、2週間に1回のペースで5年以上
コーチングをしてもらっています。

今の「小川教育研究所」の小川周平は、
そのコーチなしでは絶対にありえません。
一人で、独りで準備なんかできません。

僕はかなりサボり癖があります。
でも、定期的にコーチングを受けていると、
そのサボり癖が出てきてもちゃんと軌道修正ができます。
違う方向性に行こうとしたときも、
ちゃんと軌道修正してくれます。
自分が本当に進みたい道がなんだったか、
ちゃんと思い出させてくれます。

仕事、ビジネスをやるなら、
一歩引いたところから見ていて、
相談できるパートナーの存在が
あったほうが絶対にいいです。

その意味で、コーチをつけたのは大正解でした。

僕自身もコーチとして活動しています。
同じように、誰かの支えになるコーチとして
やっていけるよう、日々鍛錬しています。

誰かの支えに、なれますように。

無理かどうか、僕には判断できない前のページ

愛だけでは地球を救えない次のページ

関連記事

  1. 教育

    リピートされる人、されない人の違い

    「相手が欲しがっているもの、わかってますか」コミュニケーショ…

  2. 教育

    語彙力は、思考の基盤である

    これは、以前の予備校の国語の先生(大先輩!)から教わったことです。…

  3. 教育

    自分のできることを全力でする

    全国に緊急事態宣言が出されました。学校も軒並み休校になっています。…

  4. 教育

    英単語の覚え方 〜対義語と一緒に覚える〜

    「単語はどうやって覚えたらいいですか?」「復習は何をしたらいいです…

  5. 教育

    文字なら1時間、直接なら10分

    英作文の添削をしていました。…ええ、オンライン上で。本当に便利な世の…

  6. 教育

    「量と質、どちらが大事か」の結論

    9月後半は、ライティングについて学んだ日々でした。天狼院書店という、…

  1. 教育

    インプットマッチョになってはいけない
  2. 教育

    「ビリギャル」は奇跡の物語ではなく、あなたの物語
  3. 徒然日記

    成功法則のウソ
  4. 徒然日記

    頭がいい人の読書術
  5. 徒然日記

    無性に、食べたくなるときがある
PAGE TOP