教育

思い込みではなく、事実ベースでみる

「先生、私英語全然できないんです…」

生徒がよくこう言いながら僕のところに来る
ケースは少なくありません。

でも、僕はこのセリフを信じません。
なぜなら、「英語ができない」と言う生徒の
ほとんどは、事実を見ていないからです。

どこかのタイミングで
「自分は英語ができない」
と思ってしまうことが起き、
それ以降ずっと
「自分は英語ができない」
という視点から物事を見ているので、
事実を事実として捉えることができない状態なのです。

こうなったら、なかなか事実を事実として
受け止めることをしにくくなります。

僕がよくやるのは、
「じゃあちょっとこの問題解いてみて」
と問題を数問解いてもらいます。
すると必ずマルがつく問題とバツがつく問題が
出てきます。

するとそういう生徒たちは必ず、
マルがついた問題をマルと受け止めません。
「これは簡単だったし」
「誰でもできる問題だから」
「これがマルでもバツの問題があるから」
などなど…あらゆる手を使って、
マルという現実を受け止めようとしません(笑)

これはなかなか根深いところに原因があるので、
一朝一夕では治りませんので、根気よく
マルを認めてもらうようにコミュニケーションを
していくしかありません。

人間がいかに思い込みで物事を見るか、
そしてその思い込みの力がいかに強いかを
痛感します。

◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆
 小川教育研究所
  小川 周平
◯YouTube: https://www.youtube.com/user/ogawa0722
◯twitter:https://twitter.com/og_labo0722
◯Facebook: https://www.facebook.com/shuhei.ogawa.96
○小川教育研究所(Facebook)

https://www.facebook.com/小川教育研究所-322169028313954/

◯Blog: https://ameblo.jp/suhalebrook/
◯LINE@: https://line.me/R/ti/p/%40mhs8204h
◯HP: https://www.og-labo.com/
◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆
講演依頼申込
https://ws.formzu.net/fgen/S94018480/
コーチング体験申込
https://ws.formzu.net/fgen/S89706353/
IDコーチング申込
https://ws.formzu.net/fgen/S43732653/
家庭教師申込
https://ws.formzu.net/fgen/S40780237/
◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆

小川のテーマフリー個人セッション前のページ

頭がいい人の読書術次のページ

関連記事

  1. 教育

    京都大学の入試に対するスタンス

    文科省が進める大学入試改革。先日最後のセンター試験が実施され、来年か…

  2. 教育

    読解力とは?

    読む力とはいったい何なのでしょうか。中学生と高校生に英語を教…

  3. 教育

    で、結局何番が一番正答率高いの?

    さぁ、いよいよあと少しでセンター試験です!予備校講師・塾講師…

  4. 教育

    過剰一般化は自分を苦しめる

    「わたしなんて、全然ダメです」聞いていて、悲しくなる言葉です…

  5. コーチング

    技術を使えば使うほど、相手は離れていく

    カウンセラーやコーチだけではなく、学校の先生や子を持つ親も、皆が持っ…

  6. 教育

    素人の目線に降りることができてこそプロ

    その道のプロって、やっぱりすごいんですよね。素人とは明らかに見る視点…

  1. 教育

    センター試験1日目を終えた受験生へ
  2. 教育

    自己矛盾をはらむ会社
  3. 徒然日記

    散歩をして、たどり着いたのは
  4. 教育

    聴き方一つでコミュニケーションの質が変わる
  5. 教育

    自己肯定感を学ぶ
PAGE TOP