徒然日記

合格発表

つい先日3月10日は、東京大学と京都大学の合格発表でした。

私は毎年必ず京都大学の合格発表に足を運ぶことにしています。

今年も行ってきました。

やはり母校ということもありますが、

合格発表のその日その場でしか感じられない、

高校生のパワーというか、純粋さというか、

それを味わいに行っています。

合格していたら、全力で、体全体で喜びを表現し、

不合格ならば、人目を気にせず涙を流し、うなだれる。

一人一人のドラマに、心を奪われてしまいます。

こんなに一つのことに一所懸命になれるなんて、

本当に素晴らしい、と心から感じます。

幸せなことです。

あ、もちろん、いち予備校講師として

生徒の合格をお祝いするということもこの日の大事なお仕事です。

一緒に記念撮影したりしています☆

私が自分の合格発表を見に来たときは、

兄と二人できました。

そのときは…落ちてました(^^;;

帰りの車の中のまぁ気まずい空気…

しかも、2年連続だったからなぁ、

自分の番号がないのを家族と見に行くのが(笑)

前期で落ちましたが、後期でなんとか合格していました。

あのころのことは、今でも昨日のことのように思い出すことができます。

私の受験体験記は、時を改めてしっかり書こうと思います。

こんな一生の思い出の瞬間に立ち会えることは、

本当に幸せなことです。

結果がダメでも、全力で向き合ったことは、

必ずプラスになります。

何かに全力を注いでいる子供がいたら、

身の回りにいる大人たちは、ぜひ、

全力で応援してあげてほしいです。

心の声に、耳を傾ける前のページ

天職と適職 〜天職を英単語1語で言うと?〜次のページ

関連記事

  1. 徒然日記

    「場」を感じる

    今日は珍しく、妻とクラシックを聴きに行きました♪…と…

  2. 徒然日記

    こんなときだからこそ、飲もう

    天職発見の師匠、松田隆太さんにお誘いで、「Zoom飲み会」に参加しま…

  3. 徒然日記

    喜んでお金を使う(happy money)

    昨日、本田健さんの「happy money」を読みました。とても良い…

  4. 徒然日記

    意外と、人がたくさんいました

    昨日は妻と義母と三人で、奈良の天河大弁財天社に行ってきました。…

  5. 徒然日記

    身体反応に意識を向ける

    1月24日(金)は、マツダミヒロさん主催「しつもんZENインストラク…

  6. 徒然日記

    心の声に、耳を傾ける

    英語の講師として教えている予備校の、年度末のある最終授業にて。…

  1. 教育

    新しいツールを実験・体験
  2. 徒然日記

    合格発表
  3. 教育

    「もう、やってられない」の本音
  4. 教育

    なぜ東大出身者は教師にならないのか その1
  5. 教育

    学び方は学ばない
PAGE TOP