徒然日記

合格発表

つい先日3月10日は、東京大学と京都大学の合格発表でした。

私は毎年必ず京都大学の合格発表に足を運ぶことにしています。

今年も行ってきました。

やはり母校ということもありますが、

合格発表のその日その場でしか感じられない、

高校生のパワーというか、純粋さというか、

それを味わいに行っています。

合格していたら、全力で、体全体で喜びを表現し、

不合格ならば、人目を気にせず涙を流し、うなだれる。

一人一人のドラマに、心を奪われてしまいます。

こんなに一つのことに一所懸命になれるなんて、

本当に素晴らしい、と心から感じます。

幸せなことです。

あ、もちろん、いち予備校講師として

生徒の合格をお祝いするということもこの日の大事なお仕事です。

一緒に記念撮影したりしています☆

私が自分の合格発表を見に来たときは、

兄と二人できました。

そのときは…落ちてました(^^;;

帰りの車の中のまぁ気まずい空気…

しかも、2年連続だったからなぁ、

自分の番号がないのを家族と見に行くのが(笑)

前期で落ちましたが、後期でなんとか合格していました。

あのころのことは、今でも昨日のことのように思い出すことができます。

私の受験体験記は、時を改めてしっかり書こうと思います。

こんな一生の思い出の瞬間に立ち会えることは、

本当に幸せなことです。

結果がダメでも、全力で向き合ったことは、

必ずプラスになります。

何かに全力を注いでいる子供がいたら、

身の回りにいる大人たちは、ぜひ、

全力で応援してあげてほしいです。

関連記事

  1. 徒然日記

    本の読み方 〜著者に会う〜

    小川です。今日も1冊、本を読み終えました。波はあるんで…

  2. 徒然日記

    センター試験の日は

    なぜなんでしょう。本当に、なぜだろう。センター試験の時期には、…

  3. 徒然日記

    頭がいい人の読書術

    「頭がいい人の読書術 1冊10分でインプットし、30分でアウトプット…

  4. 徒然日記

    意外と、人がたくさんいました

    昨日は妻と義母と三人で、奈良の天河大弁財天社に行ってきました。…

  5. 徒然日記

    神戸新聞(紙)に掲載されました☆

    昨日登壇した、三田未来フェス。神戸新聞の紙面にも掲載されてました!ネ…

  6. 徒然日記

    終わりを思い描いてみた

    先日、ある方のお葬式に参列してきました。ちょうど、七つの習慣を学び直…

  1. 教育

    インプットマッチョになってはいけない
  2. 徒然日記

    「場」を感じる
  3. 徒然日記

    こんなときだからこそ、飲もう
  4. 教育

    医者の不養生になっていませんか?
  5. 徒然日記

    寝食を忘れるくらい夢中になれること
PAGE TOP