徒然日記

心の声に、耳を傾ける

英語の講師として教えている予備校の、年度末のある最終授業にて。

事務局から、ある生徒の相談に乗ってあげてほしいとの依頼。
次年度のことでいろいろ悩んでいるらしく。
会って話を始めて、
ものの10秒後には大粒の涙を流していました。
その話し振りはしっかりとしたものを感じながらも、
まさに涙は溢れて止まらない状態でした。
その生徒の話の要旨は、以下。

————————–
自分の学校はエスカレーターだから周りは焦ってない。
塾だと周りがどんどん先に進んで、置いていかれてる気分。
だからといって、スイッチが入らない自分がいる。
このまま高3になって塾の授業を受け続けても、
身になる気がしない。それならお金の無駄になる。
親にも申し訳ない。
今、自分が何をしたいのかもわからない。
大学受験以外の道も含めて考えるために、
一度リセットしたい。
————————–

話を聞いていると、
自分を客観的に見れているし、
親への感謝の心もあって、
もうホントに素晴らしいなと思って聞いていました。

ただ、気は焦るばかりで行動が伴わない。
そんな自分に腹立たしさを感じての涙だったのでしょう。

こういう面談を終えるといつも思います。

何を言ってあげたら正解だったのか。

僕はひたすら話を聞いて、承認して、
どうしたいかを聞いて、承認して。
話を聞く→承認
の繰り返し。

したいことが見つからない、というまさにその悩みに対して、
僕がしてあげたいことはたくさんある。

結局、人の悩みというのは、
他人と比べることから生じるものだと、
感じさせられた一件でした。

塾を辞めてしまった生徒に対しては、
僕はなす術がありません。
会社のルールですから。

その生徒はきっと、自分の中にある小さな
「〜したい」という心の声に耳を傾けることで、
道が開けてくるのだと思います。

小川なら、少し時間をもらえれば、
そのお役に立てるのに。

歯痒い。
そんな一件。

自分を十全に活かす前のページ

合格発表次のページ

関連記事

  1. 徒然日記

    2019年の振り返り(写真付き)

    皆様、改めて明けましておめでとうございます。ここで2019年…

  2. 徒然日記

    意外と、人がたくさんいました

    昨日は妻と義母と三人で、奈良の天河大弁財天社に行ってきました。…

  3. 徒然日記

    古本(マンガ)を買取に出しました

    先日から部屋を整理し始めて、本もかなり整理しました。その中で、もう手…

  4. 徒然日記

    作家さんたちが大集合!!

    1月25日(土)は、あるイベントにスタッフとして参加していました。作…

  5. 徒然日記

    本の読み方 〜著者に会う〜

    小川です。今日も1冊、本を読み終えました。波はあるんで…

  6. 徒然日記

    「場」を感じる

    今日は珍しく、妻とクラシックを聴きに行きました♪…と…

  1. 徒然日記

    石上神宮のニワトリ
  2. 教育

    自己矛盾をはらむ会社
  3. 教育

    学び方は学ばない
  4. 教育

    「もう、やってられない」の本音
  5. 教育

    「量と質、どちらが大事か」の結論
PAGE TOP