徒然日記

心の声に、耳を傾ける

英語の講師として教えている予備校の、年度末のある最終授業にて。

事務局から、ある生徒の相談に乗ってあげてほしいとの依頼。
次年度のことでいろいろ悩んでいるらしく。
会って話を始めて、
ものの10秒後には大粒の涙を流していました。
その話し振りはしっかりとしたものを感じながらも、
まさに涙は溢れて止まらない状態でした。
その生徒の話の要旨は、以下。

————————–
自分の学校はエスカレーターだから周りは焦ってない。
塾だと周りがどんどん先に進んで、置いていかれてる気分。
だからといって、スイッチが入らない自分がいる。
このまま高3になって塾の授業を受け続けても、
身になる気がしない。それならお金の無駄になる。
親にも申し訳ない。
今、自分が何をしたいのかもわからない。
大学受験以外の道も含めて考えるために、
一度リセットしたい。
————————–

話を聞いていると、
自分を客観的に見れているし、
親への感謝の心もあって、
もうホントに素晴らしいなと思って聞いていました。

ただ、気は焦るばかりで行動が伴わない。
そんな自分に腹立たしさを感じての涙だったのでしょう。

こういう面談を終えるといつも思います。

何を言ってあげたら正解だったのか。

僕はひたすら話を聞いて、承認して、
どうしたいかを聞いて、承認して。
話を聞く→承認
の繰り返し。

したいことが見つからない、というまさにその悩みに対して、
僕がしてあげたいことはたくさんある。

結局、人の悩みというのは、
他人と比べることから生じるものだと、
感じさせられた一件でした。

塾を辞めてしまった生徒に対しては、
僕はなす術がありません。
会社のルールですから。

その生徒はきっと、自分の中にある小さな
「〜したい」という心の声に耳を傾けることで、
道が開けてくるのだと思います。

小川なら、少し時間をもらえれば、
そのお役に立てるのに。

歯痒い。
そんな一件。

関連記事

  1. 徒然日記

    合格発表

    つい先日3月10日は、東京大学と京都大学の合格発表でした。私は…

  2. 徒然日記

    環境は大事、でも環境を言い訳にしない

    教育関係の記事や本を見ていると、やはり子供の家庭環境はとても大事であ…

  3. 徒然日記

    終わりを思い描いてみた

    先日、ある方のお葬式に参列してきました。ちょうど、七つの習慣を学び直…

  4. 徒然日記

    石上神宮のニワトリ

    小川家の正月はいつも小川の実家で2泊→年越し→妻の実家で2泊…

  5. 徒然日記

    家でできることを楽しもう

    最近は家にいる時間が多く、妻と一緒に料理をする時間が増えています♪…

  6. 徒然日記

    一番大切なことは何か?

    人は、年を取れば必ず死を迎えます。どんなに長生きしても120年ほどで…

  1. 教育

    文字なら1時間、直接なら10分
  2. 教育

    人は自分の視点でモノを語ることを知るべし
  3. 教育

    で、結局何番が一番正答率高いの?
  4. 教育

    大学総長から、新大学生へのメッセージ
  5. 徒然日記

    古本(マンガ)を買取に出しました
PAGE TOP