教育

読解力とは?

読む力とはいったい何なのでしょうか。

中学生と高校生に英語を教えていると、
いくら英語を教えても、もともとの日本語の
読解力が低いとなかなか成績が伸びない、
という事態に直面することがよくあります。

ここで少し、読解力とは何かを考えてみました。
様々な考え方やあると思いますが、
ここでは小川の個人的な考えを述べます。

大きく分けると二つの力があると思います。

①語彙力
②単語と単語の関係を見抜く力

①語彙力
その単語を見て、何を指すか、意味がわかる力。
例えば「普遍」という言葉が出てきたら、それが
「すべてのものに共通している」という意味・イメージが
わかるかどうか。

②単語と単語の関係を見抜く力
日本語だと助詞の使い方や意味がわかるかどうか、
また長文になったときに修飾語と被修飾語を的確に捉えることができる力。
例えば少し極端な文ですが

「私はひろし君がさやかちゃんが好きなぬいぐるみを買ってきたのを思い出した」

という文を適切にわかるかどうか、ということです。
まず端的に主語と述語。この文の主語は「私」で述語は「思い出した」、
その目的語が「~きたの(こと)」という構造を理解しているかが、
この文を「読めた」かどうかの基準になります。

また、「ぬいぐるみ」に対する修飾語が「さやかちゃんが好きな」であることも
読める力としてとても大事です。

この二つの力のうち、語彙力は自分の体験と語彙を結びつけたり、
本を読んで学んでいくことが大事です。

もう一つの構造を見抜く力は、自力で学ぶことができる人もいますが、
なかなか難しいのかもしれません。

こういうところに、我々教師、先生の出番なのかな、と思っています。

参考記事
https://toyokeizai.net/articles/-/321532

関連記事

  1. 教育

    日々の積み重ね 〜習慣化のコツ〜

    日々の積み重ねって、とても大事です。…そんなこと言われなくて…

  2. 教育

    納得が必要な場合と不要な場合がある

    「先生、これが答えなんて、納得できません」このセリフ、今まで…

  3. 教育

    独り言はスマートドラッグだ

    「先生、ある男子が自習室でちょっとうるさいので、注意してくれませんか…

  4. 教育

    医者の不養生になっていませんか?

    コーチングを提供しているものとして、自分自身もコーチングを受けていま…

  5. 教育

    言葉を変えるだけで、ゲームばかりの子供が机に向かう

    こんな記事を見つけました。「ゲーム三昧の子」が勉強に向かう“…

  6. 教育

    過剰一般化は自分を苦しめる

    「わたしなんて、全然ダメです」聞いていて、悲しくなる言葉です…

  1. 徒然日記

    頭がいい人の読書術
  2. 教育

    思い込みではなく、事実ベースでみる
  3. 教育

    学び方は学ばない
  4. 徒然日記

    散歩をして、たどり着いたのは
  5. 教育

    大学入学共通テストとセンター試験は、結局何が変わるの?(英語)
PAGE TOP