教育

ビリギャル著者の坪田さんが、僕にくれたプレゼント

やっとやっと、お会いできました!!
憧れであり目標である、「ビリギャル」著者の坪田信貴さんに、
昨日やっと、お会いできました☆

初めてその本を読んだのが2013年、つまり6年前。
読んだときから、

「この人はすごい!!」

と思うと同時に、

「僕と教育観が似ている。むしろ、僕の思っている教育観の完成形の一つが、この坪田さんの実践していることだ!」

と強く確信しました。

それ以来、坪田さんの本は買いまくって読みまくっています。読むたびに、その確信度は高まっていきました。

実は僕は、2年間1日も休まず
Facebookで毎日ライブ配信をしてきました。

2018年1月、坪田さんは「世界で一つだけの勉強法」を出版し、
僕は早速購入して読み、そのレビュー配信をしていました。
「この本、めっちゃいいですよー!」
読んだ感想を素直に配信していました。

すると翌日、その動画に、なんと坪田さんご本人からコメントをいただきました!!

「めっちゃ褒めてくださってありがとうございますー(^^)
多分、誰かのいいねか何かで、僕のタイムラインに上がってきまして、動画を最初拝見しておりましたら、「お人柄の良さ」が伝わってきまして(^^) とても素敵な方だなーと思っていて、最後までついつい拝見しました。
そうすると、思わずコメントしたくなりますよねー。
改めましてありがとうございました!」

いやもう飛び上がるくらい、嬉しかったです!!!

憧れであり目標としている坪田さんから
直接コメントをもらえたんですから!!

「いやー僕の動画にコメントをくれるなんて、
めっちゃステキな人やーーー♪(≧∀≦)」

実は、この話はここで終わりません。
2019年9月27日の昨日、やっと坪田さんご本人の講演を聞く機会を得ました。

ちょっと早めに会場に行き、講師席の近くを探しました。
今回はなんと、客席の一番前の一部が講師席になっていたので、
さっそく講師席の真後ろを狙って座りました。

さぁ、講演が始まる10分前。
坪田さんがやってきました。
僕は前の会社の人と話していたんですが、

なんと坪田さんから僕に声をかけてくれました!

「あ、小川さんですよね?Facebookでお見かけした…」
「え?!は、はい、そうです、勉強法の本についてライブ配信していた、小川です」
「初めまして、坪田です」

と、名刺交換させていただきました!!

まさか、まさか、

たった一回Facebookでコミュニケーションしただけなのに、

顔を名前を覚えてくれているなんて。
しかも、僕を見た瞬間に「あっ」と思い出すレベルで
覚えてくれているなんて!

もう、感動で興奮していました。

そうか、これが「超一流」なんだ。

たった一回でも人の名前と顔を覚えている。
まさに、吉井奈々さんも言っていた、

「記憶のプレゼント」

そうか、こんなに嬉しいんだ。
記憶のプレゼントは、こんなに嬉しいんだ。

しかも、考える、思い出す、ではなく、
一瞬で出てくるところに、超一流を感じました。

僕は正直、Facebookで一回からんだ程度では
覚えていない人、たくさんいます。
Facebookで友達になっているのに、顔も思い出せない人、たくさんいます。

あかん、そこから反省せんと。
やっぱり、坪田さんはステキな人でした!
これからも(勝手に)師匠として追いつき追い抜いていこうと思います!

サブスクリプションと大学受験前のページ

「想定外を生き抜く力」をつけるために次のページ

関連記事

  1. 教育

    人生で成功するために〜「記憶」より「記録」〜

    ◆◇引用ここから◇◆【人生で成功するために】信じられるのは、「記憶」…

  2. 教育

    センター試験1日目を終えた受験生へ

    1日目、お疲れ様でした!!あっという間だったでしょう。でも、まだ明日…

  3. 教育

    大人のやり直し中学英語(構想中)

    これまで小川が一番長くやってきた仕事が、「予備校講師」です。大学受験…

  4. 教育

    人は自分の視点でモノを語ることを知るべし

    今日、何気なくツイッターを開いたら、幡野広志さんのツイートを見かけた…

  5. 教育

    どこに遊びに行きますか?

    「本質的な質問は、人生を変える」こう確信した出来事があったの…

  6. 教育

    過剰一般化は自分を苦しめる

    「わたしなんて、全然ダメです」聞いていて、悲しくなる言葉です…

  1. 教育

    自分のことは自分が一番よくわかる、は本当か
  2. 徒然日記

    神戸新聞(紙)に掲載されました☆
  3. 教育

    納得が必要な場合と不要な場合がある
  4. 教育

    コロナの影響を受けても、もがき続ける
  5. 教育

    素人の目線に降りることができてこそプロ
PAGE TOP