教育

「想定外を生き抜く力」をつけるために

「釜石市の、ある小学校の児童の生存率は、99.8%でした」

先日大阪で開催された教育EXPOで、
僕は様々な基調講演を拝聴してきました。

その中の一つのお話がとても印象的でした。
東京大学・慶応大学教授であり、
元文部科学大臣補佐官・元文部科学副大臣である鈴木寛氏のお話。

講演のテーマは「AI時代の教育」

まさに今僕が興味のあるテーマの一つでした。
鈴木氏の話の中で、釜石市のある小学校の話が出てきました。
群馬大学の片田教授の指導のもとで、
ずっと防災教育がなされてきた小学校です。

その防災教育で大切にしていたことは
「想定外を生き抜く力」

教えてきたことは、次の3つ。

①想定・マニュアルに頼りすぎない
②ミスを恐れず、ベストを尽くす
③指示を待たずに、率先者になる

この3つを徹底的に教えてきたとのことです。

これが本領を発揮したのが、2011年3月の東日本大震災。
登校していた児童の生存率が、驚異の99.8%。

なぜここまで高い生存率になったのでしょうか。
それは間違いなく、上記の3つが子どもたちの頭の中に
根付いていたからです。

鈴木氏の話によると、普段から「想定外を生き抜く力」を
育てる教育を受けている子どもたちは、想定外の地震に対して、
自分の頭で判断して行動した、とのことです。

その場で状況を見て判断して、友達と一緒に避難したり、
近くにいたお年寄りを連れて安全な場所に一緒に行ったり、
という行動を取ったのです。

21世紀は、想定外のことがたくさん起こる時代になるでしょう。
一例として、コンピュータが発達していくことでどんなことが
起こるのか、誰にもわかりません。

シンギュラリティ(技術的特異点:コンピュータが人間の知能を超える)
を迎えたあとの世界はどうなるのか、そもそもシンギュラリティが
起こるのかどうか、誰にもわかりません。

こんな想定外がたくさん起こる時代に、マニュアルに頼っていては、
いざというときに自分や大切な人の命を守れない可能性が高いです。

鈴木氏は言っていました。

「21世紀に求められる人材像の一つは、
 想定外や板挟みに向き合い取り組むことができる人材」

子どもたちに、どうやって「想定外を生き抜く力」をつけることができるのか、
そもそも大人の我々がどうやってその力をつけていくのか、
今後の非常に重要な課題だと感じました。

ビリギャル著者の坪田さんが、僕にくれたプレゼント前のページ

「ビリギャル」は奇跡の物語ではなく、あなたの物語次のページ

関連記事

  1. 教育

    伝えることの難しさ

    普段、あまり政治についてのことは語りませんが、今回は少し触れます。た…

  2. 教育

    なぜ東大出身者は教師にならないのか その2

    「東大まで行った人は教師にならない。中間層が中間層を再生産している」…

  3. 教育

    大学入学共通テストとセンター試験は、結局何が変わるの?(英語)

    2020年、センター試験が終わりました。来年、つまり2021年1月は…

  4. 教育

    大人のやり直し中学英語(構想中)

    これまで小川が一番長くやってきた仕事が、「予備校講師」です。大学受験…

  5. 天職発見

    天職と自己紹介

    昨日、「天職と自己紹介」のZoom勉強会を開催しました!◯天…

  6. 教育

    言葉を変えるだけで、ゲームばかりの子供が机に向かう

    こんな記事を見つけました。「ゲーム三昧の子」が勉強に向かう“…

  1. 教育

    「天気の子」のサブタイトルの意味は?
  2. 徒然日記

    「場」を感じる
  3. 教育

    伝えることの難しさ
  4. 教育

    身近なものを調べ直す
  5. 教育

    やる気スイッチなんて、ない
PAGE TOP