教育

同じ授業同じ教材なのに合否が分かれる理由は?

一を聞いて十を知る子どもの育て方 コラボ講座 ~抽象具体の捉え方~☆

5/1の諸岡仁美さんとのZoomコラボ講座、なんと
<<告知から5日でお申し込み50人越え>>
ただただ驚くばかりありがとうございます!!

抽象と具体。
これがわかるだけで、どれだけ「ラク」な人生が送れることか。

僕が一番これを一番感じたのは、予備校時代。
同じ教材、同じ授業を受けているにも関わらず、
合否に差が出てきます。
その理由はズバリ、「抽象思考ができるかどうか」。

AくんとBくん。同じ教材、同じ授業を受けた二人。
そして同じ国公立大学を受験しました。
英語の入試問題は二人とも同じ問題です。

入試が終わってから、二人とも塾に来てくれました。
Aくん「先生、初めて見る問題でした!!」
Bくん「先生、授業でやったのと同じ問題でした!」

最終的な合否は、お察しの通りです。

同じもので勉強していたはずなのに、
AくんとBくんで差がついたのはなぜなのでしょうか?

そこに「抽象思考」が大きく関係しています。
物事を抽象化できず具体的な視点でしか物事を見ることが
できなかった
Aくんは、授業で扱ったもの(解いてきた問題)と
入試本番の問題との共通点を見抜くことができなかったのです。
本番の問題を「今までに解いたことのない問題」として
扱ってしまったので、サッパリわからなかった、ということです。

一方Bくんは、普段から問題を解いたらそれらの共通点を抜いて
「法則」として学び、それを別の問題に適用する、ということをしていました。
抽象と具体の行き来ができると、成績は上がります。

文法問題など、5問やったら共通点がわかって
他の問題が正解できる、ということもざらにあります。

抽象思考ができると、最小限の労力で最大限の効果を
発揮することができます。
逆に、抽象思考ができなければ、必要以上の努力が必要な上に、
適切な結果が得られない、ということになります。

5月1日のZoomコラボ講座では、どうすれば抽象思考ができるようになるのか、
どう接すれば子どもの抽象思考の能力を上げられるのか、
その入り口をお伝えします。

録画受講もありますので、お気軽にどうぞ!
お申し込みはこちら♪
https://ameblo.jp/hito-micchan/entry-12590051925.html
(主催者の諸岡仁美さんのブログです)

人は自分の視点でモノを語ることを知るべし前のページ

抽象思考を鍛える講座次のページ

関連記事

  1. 教育

    アウトプットによって理解が深まる

    大学入学共通テストの解説動画、着々と完成しております♪今日は第3問と…

  2. 教育

    人は自分の視点でモノを語ることを知るべし

    今日、何気なくツイッターを開いたら、幡野広志さんのツイートを見かけた…

  3. 教育

    英語の前に、日本語やろ

    今日(日付が変わってしまったので昨日ですが)も丹波市の塾で英語を教え…

  4. 教育

    フィンランドと日本の閣僚の男女差と平均年齢

    前回の記事でフィンランドの教育について紹介しました。やはり教…

  5. 教育

    スピーチライターという仕事

    実は、初めてやりました。「スピーチライター」という仕事を。自分のスピ…

  6. 教育

    医者の不養生になっていませんか?

    コーチングを提供しているものとして、自分自身もコーチングを受けていま…

  1. 教育

    英語の前に、日本語やろ
  2. 教育

    無理かどうか、僕には判断できない
  3. 教育

    発信し続けてアンテナを立てると、出会える
  4. 教育

    読書をするなら、自分を追い込みなさい
  5. 教育

    大人になってからの挑戦
PAGE TOP