教育

学び方は学ばない

「単語って、どうやって覚えたらいいですか?」

英語を10年以上中学生高校生に教えていて、
一番よくきかれる質問です。

僕の回答をここで書いておくと、
①とにかく回数をこなす
②インパクトで覚える
のどちらかです。

①が結局重要です。
1回とか3回見て覚えられる天才はなかなかいません。
勉強はよくスポーツに例えられますが、
かなり似ていると思います。

僕はバスケをやっていましたが、
バスケのルールを1回言われただけで
覚えられるわけがありません!
(とても細かいルールが多いのです…)

練習や試合を繰り返していく中で、
なんども反則をしてしまいながら
覚えていくものだと思います。
(またはテレビで試合を見まくる、とか)

頭の中に残そうとするには、
何度も繰り返すことで脳に
「これは大事な重要だ」
と思い込まさなければなりません。
覚えるためには最低限、回数は必要です。

ちなみに
「英単語帳は何回やったらいいですか?」
という質問も多いですが、これは僕が聞きたいです(笑)

記憶力は個人個人によって違いますし、
覚えやすさは単語によって違います。
個人によってすでに覚えた単語も違います。
みんな違う中で、一律の答えなどあるわけがありません。
だから回答は
「覚えられるまでやる」
です。

②について、インパクトがあれば
比較的回数は少なくても覚えられます。
僕は未だに忘れられないのが、
togetherの発音をテストで間違えたことです。
日本語的な発音で
「トゥギャザー」
と覚えてしまっていましたが、正確には
「トゥゲザー」
です。
「トゥギャザーって言うじゃないですか!」
と先生に噛み付くも、
「それは間違っています」
と一蹴されて悔しい思いをしたのを覚えています(笑)

回数が少なくて覚えられるのがインパクトを伴った記憶ですが、
そうそう多くの単語にインパクトのあるエピソードなどは
ないので、あまり現実的ではありません。
①のやり方でどうしても覚えられないものだけ、
何か特別なエピソードをつけるといいです。

さて、単語の覚え方を長々と説明してしまいましたが、
こういう大事な「学び方」を学びません。
正確には、学び方も教わるのでしょうが、
あまり記憶に残らず、いつの間にか我流で勉強して
効率が良くない学習をしてしまっている、
というのがほとんどだと思います。

受験勉強で学ぶ大きなこととして、
「新しいことをどうやって学ぶか」
があると思います。
その意味で僕は受験勉強は意味があると思います。

大人になっても、新しく学ぶことはたくさんあります。
そこで活かされてきます。

学び方も学べる英語のオンラインスクール、作りたい。

◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆
 小川教育研究所
  小川 周平
◯YouTube: https://www.youtube.com/user/ogawa0722
◯twitter:https://twitter.com/og_labo0722
◯Facebook: https://www.facebook.com/shuhei.ogawa.96
○小川教育研究所(Facebook):https://www.facebook.com/小川教育研究所-322169028313954/
◯Blog: https://ameblo.jp/suhalebrook/
◯LINE@: https://line.me/R/ti/p/%40mhs8204h
◯HP: https://www.og-labo.com/
◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆
講演依頼申込
https://ws.formzu.net/fgen/S94018480/
コーチング体験申込
https://ws.formzu.net/fgen/S89706353/
IDコーチング申込
https://ws.formzu.net/fgen/S43732653/
家庭教師申込
https://ws.formzu.net/fgen/S40780237/
◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆

関連記事

  1. 教育

    言葉を変えるだけで、ゲームばかりの子供が机に向かう

    こんな記事を見つけました。「ゲーム三昧の子」が勉強に向かう“…

  2. 教育

    人は何回言えばわかるのか、その正解は…

    今日は家庭教師に行ってきました。集団授業は今月はほぼなくなりましたが…

  3. 教育

    フィンランドと日本の閣僚の男女差と平均年齢

    前回の記事でフィンランドの教育について紹介しました。やはり教…

  4. コーチング

    技術を使えば使うほど、相手は離れていく

    カウンセラーやコーチだけではなく、学校の先生や子を持つ親も、皆が持っ…

  5. 教育

    なぜ東大出身者は教師にならないのか その1

    こんな記事を見かけました。「東大まで行った人は教師にならない。中…

  6. 教育

    自分を客観的に見る方法

    昨日のブログ「自分を客観的に観察できると、人生うまくいく」http…

  1. 教育

    大人のやり直し中学英語(構想中)
  2. 教育

    学びジプシーのあなたへ
  3. 教育

    ビリギャルからのバトン
  4. 教育

    発信し続けてアンテナを立てると、出会える
  5. 徒然日記

    自分をご機嫌にする方法
PAGE TOP