教育

記憶法 〜感情を乗せる〜

突然ですが、
「覚える」のは、得意ですか?

おそらく、
「いやーそんなに得意じゃないよ」
「覚えるのが一番苦手!」
という人が多いのではないでしょうか。

勉強に「覚える」という行為は必要不可欠ですが、
でも単なる暗記だと、つまらないですよね。

今日は、そんな人向けの記憶術を一つ教えますね♪

それは、

覚えたい事柄を「感情を乗せて話してみる」

ということです。
例えば英語。これは一つ一つの単語を覚えるというより、
英文を覚えるのにより役立ちます。

覚えたい英文を、できるだけ感情を込めて話してみる。
それだけです☆
英語はやはり音読をしたほうが学習効果が高いことがわかっています。
そこで、単に読むだけではなく、
「感情を乗せて」読むのがポイントです!

言語は人間が使うものですし、感情を乗せやすいものです。

正しい発音などはあまり気にせず、
でもできるだけネイティブっぽく喋るのがいいです。

完全に個人的なイメージですが、アメリカ人の方って、
すごく表情豊かに、身振り手振りを加えて
話すイメージないですか?

話すときは、アメリカ人のように話してみる!です。

できるだけ感情を込めて!

Thank you.

と言うよりも

Thaaaaaaaank youuuuuuuuuuu!!!

ぐらいに話すほうが、インパクトに残りますね(笑)

これは極端としても、
感情を乗せたほうが、記憶には残りやすいです。

昔のことでもよく覚えている出来事は、
たいてい心が大きく揺さぶられたことのはず。

これを逆に利用してやりましょう。

英語を例にとりましたが、何でもできます。
歴史などはとてもやりやすいでしょう。
何かの事件を感情込めて人に説明してみましょう。

量はほんの少しから始めてみてOKです。
ぜひ、「感情を乗せて」話してみてください♪

けっこう、楽しいですよ☆

関連記事

  1. 教育

    読書をするなら、自分を追い込みなさい

    「明日のライブ配信では、坪田信貴さんの著書『才能の正体』のレビューを…

  2. 教育

    納得が必要な場合と不要な場合がある

    「先生、これが答えなんて、納得できません」このセリフ、今まで…

  3. 教育

    センター試験直前のジレンマ

    最近ある人とよく話す話題が、「教育」と「自立」について。「教…

  4. 教育

    僕、惚れやすい人間なんです

    わかりました。めちゃ納得しました。今さらかよって感じですが、やっとし…

  5. 教育

    京都大学の入試に対するスタンス

    文科省が進める大学入試改革。先日最後のセンター試験が実施され、来年か…

  6. 教育

    「ビリギャル」は奇跡の物語ではなく、あなたの物語

    通称「ビリギャル」という本をご存知でしょうか?正式名称は「学年ビリの…

  1. 徒然日記

    寝食を忘れるくらい夢中になれること
  2. 教育

    英語の前に、日本語やろ
  3. 教育

    一番長い英単語とおぼえ方
  4. 教育

    ビリギャルからのバトン
  5. 教育

    自分のできることを全力でする
PAGE TOP