教育

語彙力は、思考の基盤である

これは、以前の予備校の国語の先生(大先輩!)から教わったことです。

「アホなやつは語彙力が少ない」

※今の時代、生徒を「アホ」呼ばわりすると問題になりますが
 だいぶ昔の話なのでスルーしてください…。

その先生は、こう解説していました。

「思考をするときは言葉を使うやろ。
 その言葉が少ないんなら思考のパターンやバリエーションも
 少ないってことや。
 例えば、修学旅行に行って「おもろかった!」
 流行りのゲーム買ってやって「おもろかった!」
 全然違う体験やのに同じ「おもろかった!」
 で表現すると、頭の中では同じものに分類されるんや。
 そこは「興味深い」「ワクワクした」「知的好奇心がくすぐられた」とか
 いろんな言い方ができるはずや。
 だから、ちゃんとした思考をするためには語彙力を増やさなあかんねん」

英語を教えている自分としては、他人事ではありません。

生徒の思考が語彙力によって左右されるならば、
適切に語彙を教えて増やしていく手助けが必要です。

英語を教えていて限界を感じるとき。
それは

「この単語、日本語に直すと?」
「急進的な、です」
「じゃあ急進的って何?」
「…わかりません」

日本語に直しても、その日本語の意味がわからないのなら、
それはもやは英語の問題ではなく日本語の語彙の問題です。

たくさんの生徒を指導してきて、やはり日本語の語彙が
豊富な生徒、日本語の文章を今までたくさん読んできた生徒は
飲み込みが早いです。
言ってしまえば、教えるのが「英語だけ」で済みますから。
日本語もままならないのに英語を勉強するのは、
苦痛でしかないでしょう。

まずは日本語の語彙力を増やすように、と
生徒には常々言っています。

関連記事

  1. 教育

    フィンランドの教育

    今日は大阪まで、フィンランドの教育について学びに行ってきました。…

  2. 教育

    愛だけでは地球を救えない

    「愛は地球を救う」というフレーズが某テレビ番組のキャッチフレーズにな…

  3. 教育

    伝えることの難しさ

    普段、あまり政治についてのことは語りませんが、今回は少し触れます。た…

  4. 教育

    独り言はスマートドラッグだ

    「先生、ある男子が自習室でちょっとうるさいので、注意してくれませんか…

  5. 教育

    ビリギャル著者の坪田さんが、僕にくれたプレゼント

    やっとやっと、お会いできました!!憧れであり目標である、「ビリギャル…

  6. コーチング

    技術を使えば使うほど、相手は離れていく

    カウンセラーやコーチだけではなく、学校の先生や子を持つ親も、皆が持っ…

  1. 徒然日記

    神戸新聞(紙)に掲載されました☆
  2. 教育

    スピーチライターという仕事
  3. 教育

    未来が、見える
  4. 教育

    気分がアガらないときは、丁寧にしてみる
  5. 徒然日記

    本の読み方 〜著者に会う〜
PAGE TOP