教育

大人になってからの挑戦

子供の頃は、いろんな挑戦をしていた。
というか、ほとんどのことが初めてのことなので、
たいがい「挑戦」だった。

でも大人になると、知っていることも増えて、
守るものも増えて、なかなか挑戦できなくなっている。
中には「それが大人になるということだ」と
言う人さえいる。

確かに大人になれば、守るものは増える。
結婚して子どもが生まれれば、
自分の家族を守らなければいけない。

でも、本当に自分のしたいことがあるならば、
挑戦する価値のあることに心から挑戦したいのなら、
やったほうがいい。

「家族がいるからできない」
は、挑戦できないことを
「家族のせい」にしている。

本気なら、家族を説得して、
挑戦しながらでも守る方法を考えて、
挑戦するはず。

「〇〇があるからできない」
は、そのせいにして、
挑戦しない自分でいたいだけ。
コンフォートゾーンにいるのが
居心地がいいから、そこにいるための
言い訳にしているだけ。

ビリギャルの小林さやかさんは、
今大学院で教育学を勉強中。
ここからさらに、海外の有名大学の大学院に
挑戦するという。

「言わないほうがいいかな

という本音を漏らしながら、
英語が全然できないからどうしよう、
と坪田先生にガチ相談しながらも、
挑戦するというスタンスは貫いている。
(英語はホントに忘れてできないみたいですが(笑))

大人になってからも、
「できない」と言われていることだろうが
自分がやりたいと思ったから挑戦する、
という姿に、心が震える。
自分も挑戦しているだろうか、
と自問する。

さぁ、本当にやりたいこと、
挑戦しよう。
言い訳してもいいけど、
情熱を燃やし、
頭で考えて、
本気で叶えていこう。

環境は大事、でも環境を言い訳にしない前のページ

寝食を忘れるくらい夢中になれること次のページ

関連記事

  1. 教育

    当たり前のことをする。そして正しく恐れる。

    今日の坪田信貴さんのブログがとてもよかったので、シェアしますね。h…

  2. 教育

    思い込みではなく、事実ベースでみる

    「先生、私英語全然できないんです…」生徒がよくこう言いながら…

  3. 教育

    読書をするなら、自分を追い込みなさい

    「明日のライブ配信では、坪田信貴さんの著書『才能の正体』のレビューを…

  4. 教育

    語彙力は、思考の基盤である

    これは、以前の予備校の国語の先生(大先輩!)から教わったことです。…

  5. 教育

    ジョハリの窓と自己紹介

    「ジョハリの窓」をご存知の方は多いと思います。自己分析に使用する心理…

  6. 教育

    聴き方一つでコミュニケーションの質が変わる

    最近、年度末でいろいろと忙しい中ですが、来年に向けて新たに動き出して…

  1. 教育

    練習は本番のように、本番は練習のように
  2. 教育

    無理かどうか、僕には判断できない
  3. 教育

    英語を話すのか、英語で話すのか
  4. 徒然日記

    家で、好きなものを食べよう♪
  5. 教育

    気分がアガらないときは、丁寧にしてみる
PAGE TOP