教育

大人になってからの挑戦

子供の頃は、いろんな挑戦をしていた。
というか、ほとんどのことが初めてのことなので、
たいがい「挑戦」だった。

でも大人になると、知っていることも増えて、
守るものも増えて、なかなか挑戦できなくなっている。
中には「それが大人になるということだ」と
言う人さえいる。

確かに大人になれば、守るものは増える。
結婚して子どもが生まれれば、
自分の家族を守らなければいけない。

でも、本当に自分のしたいことがあるならば、
挑戦する価値のあることに心から挑戦したいのなら、
やったほうがいい。

「家族がいるからできない」
は、挑戦できないことを
「家族のせい」にしている。

本気なら、家族を説得して、
挑戦しながらでも守る方法を考えて、
挑戦するはず。

「〇〇があるからできない」
は、そのせいにして、
挑戦しない自分でいたいだけ。
コンフォートゾーンにいるのが
居心地がいいから、そこにいるための
言い訳にしているだけ。

ビリギャルの小林さやかさんは、
今大学院で教育学を勉強中。
ここからさらに、海外の有名大学の大学院に
挑戦するという。

「言わないほうがいいかな

という本音を漏らしながら、
英語が全然できないからどうしよう、
と坪田先生にガチ相談しながらも、
挑戦するというスタンスは貫いている。
(英語はホントに忘れてできないみたいですが(笑))

大人になってからも、
「できない」と言われていることだろうが
自分がやりたいと思ったから挑戦する、
という姿に、心が震える。
自分も挑戦しているだろうか、
と自問する。

さぁ、本当にやりたいこと、
挑戦しよう。
言い訳してもいいけど、
情熱を燃やし、
頭で考えて、
本気で叶えていこう。

環境は大事、でも環境を言い訳にしない前のページ

寝食を忘れるくらい夢中になれること次のページ

関連記事

  1. 教育

    自己矛盾をはらむ会社

    昨日、ツイッターを見ているとこんな投稿を発見しました。…

  2. 教育

    伝えることの難しさ

    普段、あまり政治についてのことは語りませんが、今回は少し触れます。た…

  3. 教育

    ビリギャルからのバトン

    白状します。正直に言います。こんなに、愛と希望に満ちた本だったとは。ビ…

  4. 教育

    人の前に立つ人間が持つべき要素

    「激辛カレーを目にこすりつける」皆さんはテレビを見ますか?僕…

  5. 教育

    抽象思考を鍛える講座

    昨日は諸岡仁美さんとのコラボ講座でした☆「一を聞いて十を知る子ども…

  6. 教育

    フィンランドと日本の閣僚の男女差と平均年齢

    前回の記事でフィンランドの教育について紹介しました。やはり教…

  1. 教育

    「量と質、どちらが大事か」の結論
  2. 教育

    コロナの影響を受けても、もがき続ける
  3. 教育

    「想定外を生き抜く力」をつけるために
  4. 教育

    愛だけでは地球を救えない
  5. 教育

    思い込みではなく、事実ベースでみる
PAGE TOP