教育

思考で行き詰まったら、寝かせなさい

久しぶりに、外山滋比古さんの「思考の整理学」を読みました。
「セレンディピティ」などが一時流行りましたが、
実はこの「思考の整理学」にすでに書かれてあります。
初版が1986年なのだから驚きです!

さて、ふと読み進めたところ、
「寝かせる」ことや「忘却」の重要性について書かれてありました。
知識を詰め込むのもいいけど、出るものが出ないと詰まってしまう。
食べたら出すのと同じように、知識もたくさん入れた後は出す、
つまり「忘れる」ことが重要だ、とのこと。
勉強したあとは一旦その勉強から離れて、
知識を寝かせて整理することが大事です。

これを読んで、ふと高校の数学の先生のことを思い出しました。
高3になり、いろいろと予備校に行くようになりました。
当時は全くわかりもしないのに、数学のハイレベルな授業を受けることにしました。
予習課題がいくつか渡されましたが、さっぱりわかりません。

そこで、当時の数学の先生によく質問に行きました。
快く教えてくれましたが、どうしたことか、
1問だけ先生でもわからない問題があったのです。

その先生は、当時僕の高校の高3理系数学担当なので、
いわば数学のトップとも言える立場にあります。
その先生がわからないなんて!
先生がわからないものを生徒に解かせるなんて、
なんという予備校だと当時は思いました。

結局その問題を持っていったその場では、
先生は解けませんでした。
悔しいから、と言って先生はその問題をコピーして
持って帰りました。

1週間ほどしたとき、先生から
「小川くん、あの問題、わかりましたよ!」
と話しかけてくれました!
「ぼーっとお風呂に入ってるときに、ふと閃いたんです」
と嬉しそうに語る表情が印象的でした。

もちろんその後解説を聞きましたが、
何より印象に残ったのは、
「お風呂に入っているときに閃く」
ということ。

よく、文章を考えたりアイディアを思いつくのに
良い場所として「馬上枕上厠上」と言われます。
馬の上、寝床、トイレ、ということです。
いずれも自由な環境、心が開放されている状況です。

これはあくまで3つの例えなので、この3つの場所で
ある必要はありません。
心が開放される場所ならよいのです。

ということは、お風呂も心が開放される場所。
その数学の先生は、お風呂で開放的な気持ちになっていた
からこそ、数学の問題の解法を思いついたのだと思います。

ここからの教訓としては、
「行き詰まったら、一旦忘れて寝かせて、心を開放させなさい」
ということですね。

心を開放すれば、問題の解法を思いつく、ということです。

関連記事

  1. 教育

    フィンランドと日本の閣僚の男女差と平均年齢

    前回の記事でフィンランドの教育について紹介しました。やはり教…

  2. 教育

    中学英語を学び直すには

    中学のときに初めて英語を学び、しばらくは暗記でなんとか点数を取ったけ…

  3. 教育

    スピーチライターという仕事

    実は、初めてやりました。「スピーチライター」という仕事を。自分のスピ…

  4. コーチング

    技術を使えば使うほど、相手は離れていく

    カウンセラーやコーチだけではなく、学校の先生や子を持つ親も、皆が持っ…

  5. コーチング

    コーチングと禅の親和性

    先週の金曜、マツダミヒロさんのイベント「しつもんZENインストラクタ…

  6. 教育

    なぜ東大出身者は教師にならないのか その1

    こんな記事を見かけました。「東大まで行った人は教師にならない。中…

  1. 徒然日記

    神戸新聞(紙)に掲載されました☆
  2. 教育

    ビリギャル著者の坪田さんが、僕にくれたプレゼント
  3. 教育

    練習は本番のように、本番は練習のように
  4. 教育

    過剰一般化は自分を苦しめる
  5. 教育

    京都大学の入試に対するスタンス
PAGE TOP