教育

オンラインとオフライン

現在、取締役を務めている塾の会社は
教室授業は原則せずに映像などで対応しています。
緊急事態宣言が出されている間、
というよりも学校が休校になっている間は
塾としても教室授業はやりづらいのです。

要は「学校は休みなのに塾に来いというの?」
と言われたらなかなか反論ができません。
もちろん、反論うんぬんの前に、生徒の安全が第一です。
学校が、というか国や自治体が、
生徒の安全を第一に考えた結果休校という措置を取るなら、
それに追従するのがよいかなと思っています。

さて、塾の方針は世の流れを見て適宜判断するとして。
講師として、思うところがあります。
それは

「早く生徒に会いたい!生徒に直接授業がしたい!」

ということです。
4月から新学年が始まりました。
新しく塾に入ってくれた生徒もいるのに、
一度も直接顔を見ていません。
3月の体験授業に来てくれた生徒は一度だけ
会っていますが、それでもその一回だけです。

4月の授業はすべて映像で対応しています。
4回授業があるので、4回分映像を収録して、
生徒には配布しました。
あ、僕は3学年担当しているので、4コマ×3学年で
12コマ、1コマの映像は1時間ほどなので12時間です。
今日の段階で、半分映像を収録しました。
あと、6時間分。

パソコンの前で話すのがすでに飽きました(汗)
あと6時間分もあるのに

現在、オンラインスクールを構築中ですが、
そちらはそもそもオンラインでやると決めているので、
それほど飽きもこず割り切ってやっています。

ところが、塾のほうは、やはりパソコンの向こうに
生徒の顔が見えるのです。
パソコンの前で話しながらも、生徒の顔を思い浮かべながら話しています。

だから余計に、早く生徒の前で直接授業がしたいのです。
いくらオンラインが発達したとはいえ、
オンラインばかりではなかなか気持ちがのってきません。
オフラインの大切さを改めて感じます。

5月は、無事に教室で授業ができたらいいなぁ。

思考で行き詰まったら、寝かせなさい前のページ

人は自分の視点でモノを語ることを知るべし次のページ

関連記事

  1. 教育

    無理かどうか、僕には判断できない

    教育には、謙虚さと愛が必要だと思う。ビリギャル著者の坪田信貴さんは、…

  2. 教育

    どうなる?大学入試(特に英語)

    私は普段、大学入試を目指す高校生に英語を教えています。現在高校1〜3…

  3. 教育

    発信し続けてアンテナを立てると、出会える

    昨日1月31日、大阪は難波で小川の寺子屋勉強会を開催しました。勉強会…

  4. 教育

    ビリギャル著者の坪田さんが、僕にくれたプレゼント

    やっとやっと、お会いできました!!憧れであり目標である、「ビリギャル…

  5. 教育

    過剰一般化は自分を苦しめる

    「わたしなんて、全然ダメです」聞いていて、悲しくなる言葉です…

  6. 教育

    人生で成功するために〜「記憶」より「記録」〜

    ◆◇引用ここから◇◆【人生で成功するために】信じられるのは、「記憶」…

  1. 教育

    やる気スイッチなんて、ない
  2. 教育

    自分の心をワクワクさせるには?
  3. 教育

    中学英語を学び直すには
  4. 教育

    大人になってからの挑戦
  5. 教育

    「量と質、どちらが大事か」の結論
PAGE TOP