徒然日記

「場」を感じる

今日は珍しく、
妻とクラシックを聴きに行きました♪

…というとすごく高級でラグジュアリーで
セレブな感じに聞こえますが、
NHKホールで行われた公開収録に
参加してきただけです(笑)
(リサイタル・パッシオ、という番組です)

今日は

◯トランペット&ピアノ
◯トロンボーン&ピアノ

の2組を聴かせてもらいました。
NHKホールで、しかもそれぞれソロでの演奏
(ピアノはあくまでサブ)なので、
超一流の奏者が来られていました。
久しぶりに生演奏を聴けて、
体が喜んでいる感じです♪

トランペットは、「天空の城ラピュタ」で
主人公のパズーが吹いているのが
印象的で、ただその他はあまり知らない楽器です。
今日はトランペットの明るさから穏やかな表情まで
見せてくれたような演奏で、とても素晴らしかったです。

トロンボーンは、ブラスバンド部に
所属したこともない僕にとっては
ほぼ縁のない楽器です。
かなり低音で迫力のあるメロディから
高温で楽しげだったりとても柔らかい
メロディまで、非常に表情豊かな楽器だ
と思わせてくれました。

時々、YouTubeでオーケストラの曲を聴いたり
するんですが、耳の残るあのメロディは、
そうか、トロンボーンだったのか、とわかりました。

音楽そのものはもちろん楽しみました♪
それと同時に、僕が興味があったのは
「場」の雰囲気です。

今回のリサイタルは比較的、というか
かなり客層の年齢が高めでした。
(クラシックを聴くのは年齢高めなのかな?
 と思いましたが、今日の奏者は
 どちらも30代の方でした)
比較的年齢層が高めということもあったのか、
場は非常に穏やかでゆったりした雰囲気でした。
司会の方も、いわゆるNHKらしい話し方なのですが、
ところどころ笑いを入れてくる(大阪だからか?!)ので、
とても和やかな雰囲気でした♪
そして、一流の奏者が演奏する音楽によって、
とても上品な空間になっていたように感じます。

こういう「場」を感じるのは、
YouTubeではできないことですよね。
たまには、現場に足を運んで
生演奏を聴くのも、ステキな体験です♪

言葉を変えるだけで、ゲームばかりの子供が机に向かう前のページ

大学入学共通テスト、解説してみた次のページ

関連記事

  1. 徒然日記

    自分をご機嫌にする方法

    さっきまで機嫌よかったのに、ちょっとしたことを機嫌を損なう。…

  2. 徒然日記

    本の読み方 〜著者に会う〜

    小川です。今日も1冊、本を読み終えました。波はあるんで…

  3. 徒然日記

    頭がいい人の読書術

    「頭がいい人の読書術 1冊10分でインプットし、30分でアウトプット…

  4. 徒然日記

    喜んでお金を使う(happy money)

    昨日、本田健さんの「happy money」を読みました。とても良い…

  5. 徒然日記

    2019年の振り返り(写真付き)

    皆様、改めて明けましておめでとうございます。ここで2019年…

  6. 徒然日記

    〇〇に注力せよ

    世間が騒がしい昨今ですが、冷静な人は粛々とすべきことをしています。心…

  1. 徒然日記

    終わりを思い描いてみた
  2. 徒然日記

    本の読み方 〜著者に会う〜
  3. 教育

    「天気の子」のサブタイトルの意味は?
  4. 教育

    大学総長から、新大学生へのメッセージ
  5. 教育

    自分を客観的に見る方法
PAGE TOP