教育

本を手放すときの基準は?

自分のことは自分が一番よくわかる、
と言われることがあります。

ある一側面についてはそれは正しいと思いますが、
たいていのことに関してはそうでもないな、と感じます。

自分で自分のことなんか、なかなかわかりません。
自分の所有物ですら、自分で把握できないものです。

…カンの良い方は、なんの話かわかったかもしれません(笑)

そうです、本の断捨離しました!ってハナシです♪
昨年末に自分の部屋はけっこう断捨離しました。
この3連休に、妻も断捨離をしました。

その中で、妻は本もけっこう断捨離してました。
もう読まない本、不要な本を数十冊選んでいました。
僕は、基本的に本は捨てたり売ったりしないタイプです。

「いつか、もう一度読みたいときがくるかも」と思って
手放したくないタイプです(笑)

「あれ?◯◯のこと知りたいのに、あの本あったはずなのに…」

と思うのがイヤなのです。
ところが、そう思う機会はほとんどありません。
ここ1年読む機会がなかった本は、
次の1年もきっと読む機会はありません。

もちろん、ひょっとしたら10年後に読みたい機会がくるかもしれませんが、
そのときは電子版を買ったらいいかな、と思うようになりました。
今は、手元に物理的に残しておかなくても、
手に入る可能性は一昔前と比べてだいぶ高くなりました。

データとして残したり手に入れたりできる、便利な時代になりました。
こういう背景もあって、本を手放そうと決めました。
今、自分は何冊本を持っているのか?

どの本が必要でどの本が不要なのか。
その時々の自分の状況・状態によって、
必要な本は変わってきます。

ということで、部屋にある本を全てチェックして、
手放す本と残す本を選定しました。

※写真に写っているのは残す本たちです。

本棚からザッと出してバッとチェックする。

今回僕が残そうと思った本の基準は

①今の自分に必要なもの、
 または今自分が夢中になっているもの
②今すぐ必要というわけではないが、
 自分の人生のテーマとして必要なもの(教育関連)

です。

過去に読んで面白かったけど最近読んでないし、
今また読みたいとはあまり思わないものは、
手放すことにしました。

手放せば、新しいものが入ってくる、とはよく言われます。
これで、またたくさんの新しいものと出会えると思うと、
ワクワクします♪

手放すことになった本たち、
今までありがとうございました。
また違う人に読まれて、その人の糧になってあげてください!

関連記事

  1. 教育

    自分を客観的に観察できると、人生うまくいく

    予備校講師としてそして家庭教師として生徒を担当していると、ある一…

  2. 教育

    なぜ東大出身者は教師にならないのか その1

    こんな記事を見かけました。「東大まで行った人は教師にならない。中…

  3. 教育

    なぜ東大出身者は教師にならないのか その2

    「東大まで行った人は教師にならない。中間層が中間層を再生産している」…

  4. 教育

    やる気スイッチなんて、ない

    「うちの子はやる気がないんです…」「やっとやる気になったようで、勉強…

  5. 教育

    僕、惚れやすい人間なんです

    わかりました。めちゃ納得しました。今さらかよって感じですが、やっとし…

  6. 教育

    フィンランドの教育

    今日は大阪まで、フィンランドの教育について学びに行ってきました。…

  1. 教育

    分析→仮説→検証→原理
  2. 教育

    大人への不信感を持っていないか?
  3. コーチング

    コーチングと禅の親和性
  4. 徒然日記

    満開の桜♪
  5. 徒然日記

    「場」を感じる
PAGE TOP