教育

英語の前に、日本語やろ

今日(日付が変わってしまったので昨日ですが)も
丹波市の塾で英語を教えていました。
高3に関しては、もうセンター試験も終わって
正念場に入りました。

こんな時期に伝えるメッセージとしては、
この時期の適切な勉強法と心持ちについて。
この辺りは十分伝えることができたかな、思います。

さて、授業。
今日の授業では、ある意味ショッキングなことが起こりました。
英語の長文で、4択問題。
下線が引かれてある英単語と近い意味の英単語を選ぶ問題。
ある生徒は、英単語を日本語に直すことは得意でした。
語彙力がついている証拠ですね!喜ばしいことです♪

ところが、正答率がそれほど高くありません。
なぜ?

理由は、話を聞いているうちにわかりました。
日本語の意味を理解していなかったのです。
正確には、日本語の意味を混同していたり
間違って理解していたのです。

同じになるはずのない日本語同士を同じ意味だと
思い込んで誤答してしまう、ということです。

僕の授業では、生徒にあてると必ずその答えを
選んだ理由を聞いています。
選んだ理由を話すことで、生徒は成長します。
自分の考えを筋道立てて人に説明する、ということは
大学入試を終えてもずっと必要な力です。

その生徒にも、誤答を選んでしまった理由というか
筋道を話してもらったところ、原因は「日本語」でした。

例えば「分配する」と「撒き散らす」が同じである、と主張。
その生徒自身が例として「給食」を挙げていましたが、
結局「給食を撒き散らすって、そんなことある?」
と聞いたら「まぁ確かにそうですね」と言ってくれました(笑) 
この時は笑い話で終わりましたが、
実はこういうふうに日本語自体の理解が不十分な高校生は
ある一定数いるように感じます。

いくら英語の長文を読んで訓練しても、
いくら英単語をたくさん暗記していも、
その英語を考えるもとになる日本語が不十分だと、
どうやったって正しい答えにはたどり着けません。

やっぱり、英語より日本語が先であり、
日本語を適切に扱えるようになることが英語の成績を
上げることにもつながるのだ、と痛感した一日でした。

コーチングと禅の親和性前のページ

素人の目線に降りることができてこそプロ次のページ

関連記事

  1. 教育

    自分のできることを全力でする

    全国に緊急事態宣言が出されました。学校も軒並み休校になっています。…

  2. 教育

    なぜ東大出身者は教師にならないのか その2

    「東大まで行った人は教師にならない。中間層が中間層を再生産している」…

  3. 教育

    ジョハリの窓と自己紹介

    「ジョハリの窓」をご存知の方は多いと思います。自己分析に使用する心理…

  4. 教育

    センター試験直前のジレンマ

    最近ある人とよく話す話題が、「教育」と「自立」について。「教…

  5. 教育

    過剰一般化は自分を苦しめる

    「わたしなんて、全然ダメです」聞いていて、悲しくなる言葉です…

  6. 教育

    スピーチ力の鍛え方

    今日は、いつもスピーチについてお互いを高めあっているパートナーと自宅…

  1. 徒然日記

    寝食を忘れるくらい夢中になれること
  2. コーチング

    技術を使えば使うほど、相手は離れていく
  3. 教育

    思い込みではなく、事実ベースでみる
  4. 教育

    ミスコミュニケーションの原因は?
  5. 教育

    スピーチライターという仕事
PAGE TOP